腎臓・膠原病内科学

腎臓・膠原病内科学

腎臓・膠原病内科学

 腎臓・膠原病内科は内科的腎疾患及び膠原病の診療を専門的に行い、その苦痛からの一刻も早い回復を目的としています。   

   膠原病診療は、中島衡(教授)、三宅勝久(講師)、氷室尚子(助教)の三人のスタッフを中心に対応しています。膠原病の代表疾患には、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎/皮膚筋炎、混合性結合組織病、血管炎症候群、シェーグレン症候群、ベーチェット病、成人発症スチル病などがあります。これらの疾患は、免疫学的な異常を基盤とする全身性の炎症性疾患であり、とくに、女性の罹患者が多く、発熱、皮疹、関節痛などを初期症状ですが、腎臓や肺をはじめとする多臓器を障害する慢性再発性の難治性疾患となる場合があります。治療には、副腎皮質ステロイドホルモンや免疫抑制薬を使用により免疫力低下を来すため、常に感染症の関与を考慮しながら、注意深い経過観察が必要です。また全身性疾患であるために、整形外科、呼吸器科、皮膚科などの多くの関連診療科との連携が必須であり、スムーズな連携で、診療の質が高められます。関節リウマチは、生物学的製剤の開発により、その治療形態が大きく変わりつつあり、血管炎をはじめとする、膠原病の病態を理解する上では、免疫学的機序を想定し、病態を創りだしているサイトカインの制御という点から治療方針を立てることに努めています。 

    腎臓疾患は、升谷耕介(准教授)、安部泰弘(講師)、浜内亜希(助教)の3人のスタッフが中心となり診療しています。内容は腎炎・ネフロ−ゼ症候群や腎不全などの診断および治療です。腎生検の組織診断は光学顕微鏡、蛍光抗体法、電子顕微鏡標本により病院病理部で行われていますが、当科では臨床的立場からその診断内容を検討し、日本腎臓学会における各診療ガイドラインおよび国内外の研究成果、当科における豊富な経験を参考としながら、綿密な治療方針を定めています。 

    慢性腎臓病(CKD)においては、各ステージや病態に応じた集約的治療、末期腎不全に対しては血液透析だけではなく、腹膜透析 (CAPD)、腎移植のそれぞれの治療法を互いに補完しあう包括的腎代替療法(腎不全治療)の実践に努めています。また、透析療法におけるアクセスの作製および修復は当科にて行っています。 

    血液浄化療法センターは、現在25ベッドで運用しています。新規導入だけでなく、合併症治療での他科の入院も多いため、地域の関連透析病院との連携も密に行うことにも努めています。また、必要に応じて腎疾患、膠原病および自己免疫疾患に対しては、血漿交換療法やLDLアフェレシス、免疫吸着療法を施行しています。 

    研究面においては、CKD進展の予防対策、腎疾患および透析患者の生命予後に関する研究、当科ならびに関連病院の透析患者における運動療法を試み、廃絶した腎機能を補う健康を確保し、QOL向上をめざしています。