再生・移植医学

再生・移植医学

再生・移植医学講座  

 当講座は、基礎医学・臨床医学を担当する講座として小玉教授のもと教育・臨床・研究に従事しております。 教育面では医学部学生の指導、大学院生に対する研究指導を行っています。実際に当教室より数多くの大学院生が研究論文を報告し、医学博士を取得してまいりました。時には、他大学から国内留学や技術習得に訪問してくる研究者もおり、福岡だけにとどまらず全国を視野に入れて臨床、研究の展開を行っています。

 臨床面では福岡大学病院再生医療センターにおいて脳死/心停止下ヒト膵島移植を多施設共同臨床試験として取り組んでおります。海外では2000年に、本邦では2004年から本格的に開始された膵島移植は、インスリン依存状態糖尿病に対する新しい治療法として大変期待されております。膵島移植は、脳死および心停止下臓器提供ドナーより提供された膵臓から、インスリン産生細胞を含む内分泌細胞塊である膵島のみを分離して移植する細胞移植治療です。九州における第1例目の膵島移植は、2006年11月に福岡大学病院で実施しました。現在、本邦で先進医療Bとしての臨床膵島移植認定施設は6施設に限られていて、九州では福岡大学が認定施設となっており、多施設共同で臨床試験を進めています。これは「重症低血糖発作を伴うインスリン依存性糖尿病に対する脳死/心停止ドナーからの膵島移植」ということで、免疫反応制御のために使用する免疫抑制剤の臨床効果及び安全性の評価を行っており、当講座も積極的に本試験を進めております。実際に、臨床試験開始後1例のヒト膵島移植を実施しており、さらに本年度すでにドナーからの膵臓摘出手術に3件出動しております。             また、研究面に関しては膵島移植に関連した移植部位の探索、移植後自然免疫反応の制御、3D血管網作成による新たな虚血肢治療、細胞保存・臓器保存方法、インスリン産生細胞再生、尿道再生、創傷治癒、唾液腺再生、副腎皮質ホルモン産生細胞再生、また、リンパ管新生を中心としたがん転移のメカニズム解析等幅広くプロジェクトを展開しております。特に膵島移植は細胞移植治療であるため、遺伝子導入や移植膵島再生を誘導する手法など、様々な細胞修飾を加えることが可能です。このため基礎研究を、最も臨床に反映させることができると考えられており、今後の治療展開が期待されています。  

 近年、膵島移植のみならず移植医療では、慢性的な臓器提供ドナー不足に直面しています。この解決策として、ヒト・ドナーに依存しないブタ等の異種動物をドナーに用いる異種移植研究が盛んに行われております。異種膵島移植の一つの方法である免疫隔離膜でブタ膵島をカプセル化し移植するバイオ人工膵島移植は既に海外で臨床治験が進められており、当研究室でもバイオ人工膵島移植の研究に取り組んでいます。また、本邦で加齢黄斑変性症に対するiPS細胞由来の細胞移植が臨床治験として開始され、今後の再生医療の更なる発展・臨床応用が期待されています。当講座は、様々な病気に対する細胞治療・再生医療の基礎研究を行い、実際の臨床治療導入までを視野に入れて学部・学科横断的に、また産学連携で企業と共同で研究活動をすすめております。   

 最後になりましたが、今後、細胞治療および再生医療は先進医療の中核を担うものと考えられています。細胞治療や再生医学研究に興味がある方は、ぜひ気軽に医局を訪ねてください。

                                           (文責:吉松 軍平) 教授:小玉 正太

 講師:吉松 軍平 

助教:西中村 瞳 

大学院(博士課程):髙橋 宏幸、松岡泰祐 

技術支援者:秦 優子、川上 亮 

秘書:田村 弓恵、江崎 綾奈 

 医学部研究棟本館3F 内線(3631)