耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

 耳鼻咽喉科学教室紹介  

 みなさんこんにちは。4年生以上の学生さんは耳鼻咽喉科のことを少しは学んでいると思いますが、あらためて私たちの仕事の概要をご紹介します。  

 耳鼻咽喉科の守備範囲は頭頸部の狭い領域ですが、機能的には多様な部位を含んでいます。聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚の他、嚥下、発声・構音など、どれもみな無意識のうちに生活を支える大切な機能です。そしてそれぞれの部位に固有の疾患と機能障害があり、外科的治療、内科的治療、理学療法、精神医学的治療などを駆使して診療にあたっています。悪性腫瘍に対しては、放射線科、外科、形成外科、脳神経外科、歯科口腔外科などの協力のもと、手術・放射線・化学療法を併用した集学的治療や再建手術、頭蓋底外科手術を行っています。耳科手術では中耳炎や伝音難聴に対する鼓室形成術やアブミ骨手術を始め、高度先進医療である人工内耳埋め込み手術など、ほぼすべての手術を手がけています。鼻科手術としては鼻副鼻腔炎や慢性鼻閉に対し、低侵襲の内視鏡手術を行っています。この他にも発声障害に対する声帯脂肪注入や喉頭形成術、嚥下障害に対する外科的治療も近年増加しています。  

 外来では耳鼻咽喉科疾患を幅広く診療するだけでなく、専門外来として聴覚異常感(耳鳴、聴覚過敏、耳閉感)、補聴器、悪性腫瘍、アレルギー、音声言語、嚥下を展開しています。小児難聴に関しては、県内の難聴関連施設や教育機関とも連携し、乳児から学童期、就業後まで継続的に診療しています。また、個人のクリニック・病院からの依頼で、詳細な機能検査、たとえば種々の聴覚検査や平衡検査、音声検査、嗅覚検査、味覚検査、嚥下機能検査、顔面神経麻痺の予後判定検査などを行い、情報提供をしています。  

 ここ数年、コンスタントに入局者が増え、活気も年々増しています。前述のように、耳鼻咽喉科の診療は多岐に渡るので、年齢や性別、外科指向や内科指向を問わず、誰もがどこかに興味を持つことができます。また耳鼻咽喉科には研修医からでも実施できる手術や特殊手技があります。したがって症例を選べば1年目からでも術者や外来主治医ができる点も魅力です。さらに当科は症例も豊富なので、教育施設として望ましい環境といえます。診療内容の多彩さに負けず医局員のキャラクターも多岐に渡るので、とても楽しく笑顔が絶えない医局です。耳鼻咽喉科分野に少しでも興味がある方、楽しく仕事がしたい方、また興味がなくても美味しいごはんが食べたい方、楽しいお酒が飲みたい方、是非是非医局へ遊びに来てください。  

 文責:大西 克樹(医局長)