病理学

病理学

 

病理学

病理学は基礎医学に所属していますが,常に各診療科および患者と密接に関わった病理診断を行っています.生検標本と呼ばれる病変部から採取された小さな標本の病理診断により,患者さんの治療方針が立てられていきます.手術が行われた病変の病理診断では,病気の種類は勿論のこと,進行の程度も評価され,術後の追加治療を決定する上で大きな役割を果たします.術前に診断困難であった症例や切除範囲の決定に難渋した症例では,術中の病理診断が切除範囲や廓清の程度を決定する上で大変重要な情報になります.現在の医療は臓器別の診療体制になり,各診療科における診断および治療方針の進歩には目覚ましいものがあります.病理診断も,各診療科の進歩に応じた,治療を見据えた専門性の高い病理診断が望まれる時代です.


当講座は全国でも屈指の人員を誇り,各々の専門性によって,ほぼ全臓器(血液、リンパ節、脳神経、頭頸部、肺、心臓、血管、消化器、肝臓、胆道、膵臓、泌尿器、男性生殖器、女性生殖器、乳腺、内分泌、皮膚)にわたる専門的な診断を行っています.また,福岡大学病院は肺移植,腎移植が行われており,これらの臓器移植病理にも対応しています.一つの施設で,これほどまでにあらゆる分野を専門的に対応できる施設は他に類をみません.充実した外科病理に加え,病理解剖も行っており,生前の診断や治療を評価することが出来ます.病理学講座が行なっている病理診断は,病気の存在診断のみならず,質的診断ならびに治療方針の決定,さらには福岡大学病院や関連施設における医療の質の保証,保持に多大な貢献を行っています.また,学生教育においても,病理の基本となる総論はもとより,各臓器における専門性を有する教官による各論の講義や,複数の指導教官によるきめ細かな実習指導を行っています.


一方,研究においても,悪性リンパ腫、白血病(竹下),脳腫瘍(鍋島),循環器疾患(坂田),腎疾患(久野),前立腺(溝口),消化管(溝口,二村),膵胆道腫瘍(濱田),肺(鍋島,濱崎),女性生殖器(竹下),男性生殖器(竹下),泌尿器(溝口),皮膚疾患(古賀),乳腺(竹下,鍋島,青木)を対象に,様々な手法を用いながら活発に行なわれています.得られた研究結果は,毎年欧米の学術誌に掲載され,日本のみならず欧米の学会で報告しています.これらの業績は,他の講座から研究にきている大学院生および研究生の学位論文にもなっています.

福岡大学医学部病理学講座は,開講以来蓄積されてきたことを礎として,高度先進医療機関としての責任を全うするよう日々研鑽、努力を重ねています.

 

文責 濵田義浩