薬理学

薬理学

薬理学

スタッフ

  岩本 隆宏(教授)、田頭 秀章(講師)、柴田 志保(助教)、鈴木 沙理(助教)、中嶋 尚子(嘱託職員)

教育

 医学科2年生と3年生の薬理学I・IIの講義および実習を担当しています。薬理学は生理学および病理学を基盤とし、そのメカニズムを理解した上で薬物治療を学ぶ総合的な学問です。近年、新しい薬理作用を持つ薬物が日進月歩で開発され、薬物療法に関する情報は増加の一途を辿っています。病気で苦しむ患者さんに適切な薬物療法を施すには、最新の薬物情報を熟知しておく必要があります。学生諸君には、将来、安心で信頼できる薬物療法を実施できるように、薬理学をしっかりと勉強してもらいたいと思います。 

 当講座では、学生の皆さんに積極的に薬理学を学んでもらえるように、通常の講義の他に、課題演習や実習に力を注いでいます。特に、P-Drug演習では医学部学生用に作り変えた薬物治療の課題演習を通して、薬物の選択の重要性、討論を介して選択の複数の可能性を理解・体験してもらうことを行っており、好評をいただいております。今後もスタッフでアイデアを出し合い、さらに学習意欲を掻き立てる教育方法を提案していきたいと考えています。

研究

 「イオン輸送体」をテーマに、分子生物学的・遺伝子工学的な手法、電気生理学的手法、イメージング技術などを用いて、新規治療薬や治療方法の開発を目的に、イオン輸送体の生理機能や病態との関連について研究を行っています。

  学生の皆さんにも、基礎研究の楽しさ、臨床との関係性、文献解読・利用方法など基礎研究の重要性を伝えるきっかけになればと考え、毎年医学生向けの研究ゼミを開講しています。また、専門家の先生による研究セミナーなども随時開催しており、第一線で活躍されている先生方と直接話すことのできる良い機会となります。興味のある方は気軽に教室に遊びにきてください。

薬理学 ホームページ:http://www.med.fukuoka-u.ac.jp/pharmaco/index.html