細胞生物学

細胞生物学

 

細胞生物学

 

細胞生物学教室について 

年間ベストレクチャー賞受賞の常連で、ついに殿堂入りを果たした白澤教授の講義は、第1学年の「医学生のための生命科学」においては、ゲノムや生命活動の基本単位である細胞のより深い世界や、基礎医学そのものの世界をより身近なものとして実感させる内容となっています。第2学年の「組織細胞生物学総論・遺伝学・発生学」では、顕微鏡実習・講義にて細胞の機能、組織・組織間コミュニケーションの理解を深め、遺伝子の発現制御、遺伝様式等の機構を学習し、配偶子の接合から各器官および固体が形成される発生過程を理解することで生命体としてのヒト、さらには疾患へと統合的理解できる内容です。また、研究室配属では最先端の研究論文に触れてもらうことで、世の中で何が分かっていないのか、それを解明することによって医療にどのように役にたつのかという医学研究の根本的な目的について考えてもらうきっかけとなればと思っています。

 

私たちの研究について 

私たちの教室は、多くの癌において発癌に関与することが知られているKRAS遺伝子の変異を有する大腸癌細胞株を用いて、その制御遺伝子の解析等を行ってきました。しかし、変異KRASを標的とした薬は我々を含む世界中の多くの研究者の努力をもってしても未だに開発されていません。しかし私たちは、この難題に、より生体内に近い環境を模した新たな手法を用いて立ち向かっており、福大発の治療法開発も間近であると考えています。 一方、我々は以前、自己免疫性甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病)の患者を対象にゲノム情報に基づく解析をすすめ、その新規感受性遺伝子としてZFATを同定・報告しました。現在では、ZFATそのものが細胞内でどのような働きを担っているのかということに関する研究を精力的に進めています。これまでに、ZFATが免疫系細胞や血管内皮系細胞において、さらには、初期発生、血球分化においても必須の役割を担うことを明らかにしてきました。最近、身長、癌・心血管疾患、多発性硬化症においてもZFATが関与する可能性が相次いで報告されています。これらのことは、ZFATが生命の発生、細胞生命プログラム、疾患発症を含む様々な局面において、重要な生命現象を規定する分子として機能している可能性を示唆しています。実際に、大学院生を中心とした精力的な研究の取り組みにより、我々の想像を絶するZFATの機能がマウスモデルを用いて明らかになりつつあり、自己免疫疾患及び代謝性疾患などの多くの患者に将来役立つ成果が生まれるのではないかという期待が高まっています。 我々の日々の研究活動は、膨大な医学領域においては、現時点では微力なものかもしれませんが、現在の医学は全てが先人の基礎的な研究の上に成り立っています。白澤先生の授業を通して、先人が明らかにした基礎的な生命のしくみを理解したうえで、最新の知見にも触れ、将来的には今福岡大学で学んでいる諸君が、新たな治療法や研究成果を生み出してくれることを期待しています。

                                                                                                               (文責 角田) 

Home Page:http://cellbio-fukuoka-u.com