神経内科

神経内科

神経内科

 我々、福岡大学医学部神経内科教室は、坪井義夫教授を中心に日々神経疾患における臨床や研究、神経内科学の研修医・学生の協力に取り組んでいます。神経疾患とは脳、脊髄、末梢神経および筋肉疾患を守備範囲として、疾患名としては脳卒中、アルツハイマー病をはじめとする認知症性疾患、パーキンソン病などの神経変性疾患、重症筋無力症、多発性硬化症などの神経免疫疾患等を専門とします。症状別では頭痛、しびれ、めまい、ふるえ、運動麻痺、歩行異常、もの忘れ、意識障害、けいれんなどを扱います。私たちは常に患者さんをしっかり診ることを大切にし、最短でしかも最良の診断と治療を目指し、日々研鑽と教育を欠かしません。外来では、「パーキンソン病外来」、「もの忘れ外来専門センター」、「脳卒中外来」、「ボツリヌス治療外来」等高い専門性を持った外来を行っています。またパーキンソン病やアルツハイマー病、脳卒中を中心に多くの臨床、基礎研究を行い、国内・海外での学会発表や論文執筆など積極的に行っています。学生教育にも力を入れており、5,6年生、研修医の先生にも神経内科研修では、多くの貴重な症例を学べるようにスタッフが全力でサポートしています。また学生の皆さんを対象に定期的に神経内科塾セミナーを実施して神経内科の最先端の情報を共有できる場を設けています。
 我々、神経内科教室は少数精鋭で「全員野球」をモットーにこれからも頑張っていきますので宜しくお願い致します。