IVF詠田クリニック

IVF詠田クリニック

IVF詠田クリニック

アイブイエフ詠田クリニックの紹介

当院は患者様により近い距離で多くの方に最新の不妊治療技術と知識を提供できるクリニックをめざし、福岡市の中心地・天神に開業しました。

不妊症の治療で一番大切なことは、原因を早く見つけることです。不妊症検査は、卵管造影検査のような特殊な婦人科検査を含むため、抵抗のある方もいらっしゃると思いますが、早急に検査をして的確に不妊症の原因を見つけることが、治療の早道です。

原因や治療法はそれぞれのカップルで異なるため、系統的で早く的確な診断を行い、最も適した治療を患者様に提示して、安心して自分自身で納得のいく治療を選択できればと思っています。

また、当院では、ART(体外受精・顕微授精)について十分に理解していただくために、医師または看護師の説明によるART説明会の実施や、患者様の心理的サポートをより充実させるために、心理カウンセラーによるカウンセリングも行っております。

 

患者様が安心して治療に専念できるように

当院では、ART(生殖補助医療)で最も重要な培養部に力を注ぎ、高度な技術を提供すると共に患者様が安心して治療に専念出来るための環境づくりを心掛けております。

当院の培養部には8名の培養士が所属しております。その培養部を取りまとめている培養部管理者は、生命科学の博士号および日本卵子学会・日本生殖医学会認定の管理胚培養士という資格を有しており、日々の培養業務を熟しつつも研究や培養士の育成に励んでおります。

また、最新機器の導入及び培養室内の環境設備にもこだわっております。当院の培養室は一部がガラス張りになっており、患者様は培養室内をご覧いただくことが出来ます。培養室内には胚へのストレスを最低限に抑えるために、空調や照明など細部にまでこだわった設計になっております。機器に関しては、タイムラプスインキュベーターを導入しており、胚を機械から出さずに個別管理できるため患者様の大切な胚へ不要なストレスを与えずにすみます。また、停電などの非常時の際、非常用バックアップ電源を備えておりますので、災害時でも患者様の胚を一定の温度に保つことができ、胚にとって快適な環境を備えております。 

 

アクセスマップ